教えて、羽生先生!〜iPhone/iPadで楽しむ将棋の色々〜

 ● 棋譜解説
 盤面解説
 初手〜15手目
 16手目〜21手目
 22手目〜38手目
 39手目〜49手目
 50手目〜60手目
 61手目〜71手目
 72手目〜84手目
 85手目〜




**********
i羽生将棋 i羽生将棋
 着手予想
 対局
 逃げ将棋・詰め将棋
 入門

**********
羽生善治の将棋のお手本 〜初心者からの定跡講座〜 羽生善治の
将棋のお手本
〜初心者からの
定跡講座〜

 居飛車・振り飛車のお手本
 対局の基本
 定跡購入

**********
羽生善治の将棋のお手本 〜上達する初心者からの手筋講座 羽生善治の
将棋のお手本
〜上達する
初心者からの
手筋講座〜

 手筋講座
 練習問題
 対局の基本


はじめてのどうぶつしょうぎレッスン
教えて、羽生先生!〜iPhone/iPadで楽しむ将棋の色々〜
公益社団法人日本将棋連盟
羽生善治 将棋で鍛える「決断力」DS
羽生善治×茂木健一郎 特別対談授業「将棋は脳を育てる」
「将棋は脳を育てる」
ケータイでもご覧になれます羽生善治×茂木健一郎 特別対談授業「将棋は脳を育てる」
教えて、羽生先生!〜iPhone/iPadで楽しむ将棋の色々〜

着手予想の棋譜解説A

〜16手目からの変化図〜


16△3三角遠山:おそらく常識的には△7二銀という手の方が。
羽生:常識的にはそうですね。王様を動かし続けて囲いに行っていますから、△7二銀と上がって美濃囲いを作るのが普通です。
その方が自然ではあるんですけれども、この作戦は序盤の細かい駒組みが非常に大事だったりするので、王様と飛車と角と歩しか動かしてないですから、金銀が前に出ていない状態です。
元々ゴキゲン中飛車って戦法は抑え込まれると何もできなくなりますので(金銀を動かしやすくなる手を指した)。

※先に金銀を動かそうと△4二銀とすると▲5六歩と反発。△同歩とすれば角がタダで取られてしまうため取れない。次に▲5五歩でせっかく取った5筋の位が取りかえされてしまう。(左変化図参照)

実はちょっと工夫した手ですので、正解した方が少なかったのもしょうがないかな?というのも致し方ないかな?という気がします。
17▲7七銀

18△4二銀 羽生:この銀が上がりたかったから(16手目)△3三角を早く上がった、ということになります。上がらないと、先手に▲5六歩と突かれて、中央の位を取りかえされてしまうので。
遠山:そのため△7二銀よりも先に画面右側の駒を先に使った、ということいなります。そこが予想としては難しかったのかもしれませんね。
羽生:そうですね。
19▲7七銀 遠山:この手は急戦の骨子みたいな形ですね。
羽生:そうですね。5筋の歩を狙って▲6六銀と出てきます。すぐには取られないですけど、そういう形になってしまうと駒組みがし辛くなってしまう、ということで積極的な1手ですね。
20△7二銀 遠山:ここで△7二銀と締まりました。

21▲7七銀 遠山:この銀の動き(▲3六銀)がこの急戦の特徴ですね。
羽生:そうですね。通常は歩越し銀といって、こういう手はやってはいけないと、昔の本では書かれているんですけど、最近はこういうのが当たり前になってきました。
これで▲4五銀とか▲2五銀とかで3四の歩を狙っていきます。この手も▲7七銀と連動した積極的な指し回しです。
遠山:これは定跡なんです。
次は△3二金という手が指されるんですけど、この局面は、△5六歩と突くか、△3二金と上がるか、ほぼどちらかというところなんですね。
ここで一番多く指された手が△4四歩という手ですが、ここで△4四歩は指してはいけない手なんですね。
▲6六銀とされてしまうと困ってしまう、ということを私の本に随分書いたはずなんですけど(苦笑)。まだまだ浸透してないのかな?少し残念だったんですけど。
羽生:それでは皆さん帰りがけに買って帰ってください(笑)

前へTOPへ次へ

〜解説資料〜

正解率やユーザーの間違った着手で多かったなど、解説で使用された着手も公開します。

先手後手正解率多かった不正解手(カッコ内は人数)
163三角2%7二銀(49) 4二銀(18) 5六歩(10)
174七銀
184二銀25%7二銀(46) 3二銀(11) 3二金(6)
197七銀
207二銀40%5三銀(31) 4四歩(13) 6二銀(5)
213六銀

前へTOPへ次へ

写真特別提供:日本将棋連盟ツイッター支部「おさまこ」様